なぜ警察は同僚の不正行為を容認する傾向にあるのか?

3pt   2020-06-30 09:00
GIGAZINE

警察による不適切な拘束により死亡させられたジョージ・フロイド氏の死に関しては、その首を膝で押し付けた白人警官デレク・ショーヴァンのほか、関係者として3名の警察官が解雇されています。このような警察による不正行為は数十年前から行われてきたものの、警察は同僚の不正行為を隠す傾向があり、多くは明るみに出ないとのこと。一方で、「同じ市民の平和を守る」という職務を持つ軍隊にこのような傾向はないとして、弁護士であり従軍経験を持つDwight Stirling氏が、その背景にある組織文化について解説しています。

   ナンテナアンテナトップページへ
の話題が沢山。