古代マヤ文明の都市が放棄されたのは「水が毒で汚染されたから」という可能性

1pt   2020-06-30 07:00
GIGAZINE

メキシコのユカタン半島を中心とした地域で、紀元4世紀から9世紀ごろにかけて繁栄を極めたマヤ文明の遺跡から、水源としていた貯水池が毒物により汚染されていたことを示す証拠が見つかりました。これにより、マヤ文明の都市が崩壊した原因の一端が明らかになると期待されています。

   ナンテナアンテナトップページへ
の話題が沢山。