アメリカが中国の監視カメラや顔認証技術企業を根こそぎブラックリストに追加、その理由とは?

13pt   2019-10-09 13:00
GIGAZINE

アメリカの商務省は2019年10月7日に「中国の監視カメラや顔認証技術関連企業、公安機関など28団体を新たに禁輸措置リストに追加した」と発表しました。当局はその理由について「中国政府によるウイグル人弾圧に関与したため」と説明しています。

   ナンテナアンテナトップページへ
の話題が沢山。