昼寝は心臓発作や脳卒中などのリスクを低減することが研究で明らかに

31pt   2019-09-10 13:00
GIGAZINE

2019年8月に科学誌のHeartで公表された最新の論文が、週に1、2回の昼寝を行っているとスイスの成人は、昼寝をしていない人たちよりも心臓発作や脳卒中といった心血管疾患にかかる危険性が低いことを発表しています。

   ナンテナアンテナトップページへ
の話題が沢山。