外界と隔絶された地下2.4kmの水たまりに微生物が生息していることが判明

19pt   2019-09-10 08:00
GIGAZINE

科学者らによる調査が進行するにつれて、火山の噴火口や深海の熱水噴出孔などの極限環境で生息する微生物が、地球上には数多く存在することが明らかになっています。トロント大学の地質学者らの研究チームはカナダのキッドクリーク鉱山を調査し、なんと地下2.4kmの地点にたまっていた水から多くの微生物を発見したと報告しました。

   ナンテナアンテナトップページへ
の話題が沢山。