7000億円超でARシステム「Magic Leap One」の独占販売権をAT&Tが獲得、ついに市販化へ

75pt   2018-07-12 14:00
GIGAZINE

GoogleやQualcomm、Alibabaなどから22億ドル(約2500億円)もの巨額の出資を受けて独自のARシステムを開発してきたMagic Leapが、ついにARシステム「Magic Leap One」を2018年後半に市販化することを明らかにしました。アメリカの大手通信企業AT&Tがパートナーとなって独占的に販売を手掛けるとのことで、次世代通信5Gの有力コンテンツになる可能性を感じさせます。

   ナンテナアンテナトップページへ
の話題が沢山。