春になると多くの花が咲くのはなぜか?

28pt   2018-04-17 07:00
GIGAZINE

春になると色とりどりの花が咲きます。これは、多くの花が1年以内に発芽から開花、結実を経て枯死に至る「一年生植物」で、春のうちに花を咲かせてしまって、次世代の種子を作ることに集中するためです。しかし、もともと植物は「多年生植物」だったと考えられています。

   ナンテナアンテナトップページへ
の話題が沢山。