1万年後の人類に核廃棄物の危険性を伝えるために「猫」を利用するなどアイデアいろいろ

38pt   2018-04-17 06:30
GIGAZINE

高レベルの放射性廃棄物を地層処分する施設は世界各国に存在しますが、これらの廃棄物は数万年以上にわたって地下で保管し続ける必要があるという問題点を抱えています。1万年後の人類に言葉でメッセージを伝えるのは難しいことから、施設の危険性を「シンボル」「4コママンガ」「建築物」「遺伝子操作で色を変えた猫」を使って伝えていくというアイデアが示されています。

   ナンテナアンテナトップページへ
の話題が沢山。