「ウェブサイトの利用規約に反することは犯罪ではない」と判決

26pt   2018-01-12 20:00
GIGAZINE

2010年から始まったオラクル対リミニストリートの裁判で、オラクルはリミニストリートが「オラクルの利用規約に違反したこと」を理由にコンピューター犯罪制定法違反であると主張していました。電子フロンティア財団は、この理論が認められるなら多くのインターネットユーザーが犯罪者に仕立てられてしまうとしてオラクルの主張に反対していたところ、2018年1月8日(月)に「ウェブサイトの利用規約に反することは犯罪ではない」という判決が下されました。

   ナンテナアンテナトップページへ
の話題が沢山。